世界の主な株価指数騰落率

世界の主な株価指数騰落率
1月25日の日経夕刊の世界株番付から、です。
インドの首相、モディの「モディ効果帳消し」という見出しです。

  国(株価指数) 年初来
1 ロシア(RTS) ▲8.67%
2 フランス(CAC40) ▲6.48%
3 ドイツ(DAX) ▲9.10%
4 スイス(SMI) ▲6.20%
5 南アフリカ(FTSE/JSEトップ40) ▲6.21%
6 メキシコ(IPC) ▲3.16%
7 タイ(タイ総合) ▲1.55%
8 英国(FTSE100) ▲5.48%
9 英国(ダウ工業株30種平均) ▲7.64%
10 中国(上海総合) ▲17.59%
11 豪州(オールオーディナリーズ) ▲7.02%
12 韓国(韓国総合) ▲4.17%
13 台湾(加権) ▲6.98%
14 インド(SENSEX) ▲6.44%
15 マレーシア(KLCI) ▲3.98%
16 ポーランド(WIG20) ▲7.10%
17 イタリア(FTSEMIB) ▲11.16%
18 日本(日経平均) ▲10.90%
19 トルコ(BIST100) ▲2.07%
20 ブラジル(ボベスパ) ▲12.27%
21 インドネシア(ジャカルタ総合) ▲2.97%
22 シンガポール(ST) ▲10.60%
23 香港(ハンセン) ▲12.93%
24 フィリピン(フィリピン総合) ▲10.70%
25 ベトナム(VN) ▲9.81%

(日経新聞 1月25日夕刊から)
 
この表をみると確かにインド株、さがっていますね。
日経の記事には、「イーストスプリング・インベストメンツと同グループの現地運用会社の最高運営責任者、サンカラ・ナレン氏は現在のインド株安を「国内要因というより海外市場の不安的な動きが響いている」としてきしている」との見方を紹介しています。
 
私もまったくもって同意見です。
そして、こうして俯瞰してみると、新聞やメディアが大騒ぎする理由がみえてきそうですね。
なんといっても世界中で株価がさがっているのですものね。
これは資金が出処に帰る、リパトリといってもいいのかもしれません。
しかし、今のところ、日米欧の主要金融機関で経営破たんしたというニュースはでていません。
したがって、株価が下がったから貸し剥がしが始まり、信用収縮するという流れはないのではないかと私(管理人)
は思います。だからこそ、わずか6%ですんでいるのかもしれません。
もしかしたら、ここからもう少しさがるかもしれませんね。
ですが、いずれは相場も回復するのでは、と期待を持って見ています。
 
ただ、資金が再帰しても、同じようなセクター配分とは限りません。

中国への警戒はかわらないでしょう。
EUも少し、難しいのかもしれません。
そうなると、新興国を厳選して、それから米国と日本市場の爆買いが再開するのではないかと
希望区的観測を持っています。
 

2015年に残高を増やしたバランス型投資信託のランキング

こちらは日経の1月21日の夕刊から。
2015年に残高を増やしたバランス型投資信託のランキングです。
そもそもバランス型投資信託とは、一つの投資信託の中で債券型や株式型の投資信託に投資するものです。
ちなみに同紙によればこの残高は伸びており、2015年は対前年比で9千億円増の7兆円だそうです。
ただし、この成績は、ひどいですね。
2014年の成績がよいものに資金があつまり、にもかかわらず、
その期待を裏切る結果となったと解釈してもよいかと思います。
 
バランス型という名称とは裏腹にプロの判断なるものも、かなり怪しいということがわかると思います。
投資信託であってもアセットアロケーション、つまり、株か?債券か?どのセクターに投資するのか?
ある程度は自分で考えて投資する必要があるといってもいいかもしれません。
2015年に日経平均が9%上昇しているのに、バランス型の投資信託を買ったらマイナスだった、というのでは
いくらなんでもひどすぎます。
 
もちろん、運用側にしてみれば、ベンチマークといって、日経平均などの指標との比較で巧拙をみてくれ、と
主張してくるのが常なのですが、資金を預ける側にしてみれば、純粋に増やしくれたのか、減らしてくれたのか、

しか、関心は無いのです。
 

 

  ファンド名

残高増加額(億円)
(()内は15年末の純資産高)

リターン
(2015年)

リターン
(2014年)

グローバル・アロケーション・オープンBコース
年4回決算・為替ヘッジなし(新光)

1300
(1674)

▲2.4 17.0

グローバル・アロケーション・ファンド
毎月決算・為替ヘッジなし(新光)

900
(1920)

▲3.9 16.3

コア投資戦略ファンド(成長型)
(三井住友TAM)

873
(2424)

▲3.9 7.9
4

スマート・クオリティ・オープン(安定型)
(三菱UFJ国際)

757
(1083)

0.2 -
5

トレンド・アロケーション・オープン
(三菱UFJ国際)

612
(906)

▲2.0 5.3
6

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)
(東京海上)

528
(878)

1.3 9.6
7

コア投資戦略ファンド(安定型)
(三井住友TAM)

501
(1574)

▲3.0 5.7
8

三菱UFJバランスイノベーション(株式重視型)
(三菱UFJ国際)

390
(598)

▲0.7 4.8
9

JPMベスト・インカム(毎月決算型)
(JPモルガン)

373
(373)

▲1.4 -
10

日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド
(為替ヘッジなし)(三井住友)

363
(1835)

▲2.4 -

 

初心者が投資信託を買うために口座開設するなら証券会社はどこ?

将来にそなえた資産設計、やらなきゃとわかっています。
でも何から、はじめたら?どうやって?
 
 
ということで、投資信託についてしらべてみました。
ゼロ知識からの投資信託の備忘録です。
 
 
銀行で相談したくとも窓口あいている時間は自分が仕事中です、という方!
私と一緒です。結局、ネットの一択しかないんですよね。
でもって、ネットバンキングで貯金と投資、一括管理するのは便利ですが、それでも不安!
そういう方こそ、新たにネット証券に口座を開いて、投資信託デビューを検討してみては???
 
で、少し調べてみました。
Q:どこの証券会社であっても投資信託は買えるのか?
Q:手数料は証券会社語とに異なるのでしょうか?

Q:ネット証券と実際に店舗がある証券会社と何が違うのでしょう?

 
これは証券会社によって
あつかっている投資信託の種類は異なります。
同じものであっても手数料が異なります。
 
なにより、ネット証券のメリットは
営業マンがいないのでしつこい勧誘はありません。
店舗がネット上なので手数料が安い。
コールセンターの対応が非常に親切。
などの忙しい方にとってはメリットもたくさんあります。
 
なかもでおすすめが米国に本拠をおくフィデリティ証券
資産運用会社としてもともと出発した会社の販売部門です。
投資信託専門の証券会社といってもよいでしょう。

 
なぜ、初心者はフィデリティがいいのか?
ビギナーズラックも含め、投資で自分の資産が膨らむのを観るのは気持ちのいいものです。
そして、証券会社はもっと利益を増やしませんか?と、メルマガなどの手段で信用取引やFXの売り込みをしてきます。
これが、危険なのです。
お仕事をお持ちの方は、投資信託でまずは十分でしょう。
そういう意味では余計な商品を販売していない、フィデリティ証券は投資信託で資産を作りたい初心者にとってはファーストチョイスです。
 
投資経験ありの方にはSBI証券がおすすめです。
ある程度、投資信託についてわかっていて、自己資金の管理もできる方向け、ですが、
1位には1位になるだけの理由があります。
品揃え、手数料、コールセンター、無料情報の充実、塔信託画面の見易さなど
使い勝手は抜群です。
 
では、フィデリティとSBI証券、どっちがいいの?
投資信託での資産形成であれば、フィデリティをおすすめします。

なんといっても画面がすっきり見やすく、手数料もわかりやすい。
 
何を買うか決まっていればSBIもよいと思います。
ただ、ランキングなどの見やすさではフィデリティはHPに入ってから2クリックですぐいけます。
この画面の見易さのことをユーザーインターフェースといいますが、これ、かなり重要です。
ネット証券といえば、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券といったところが
あがってくるかもしれません。
 
どの証券会社でもかまいません。
アクセスしてみて、すぐ投信の買い付け画面にいけるでしょうか?
名前がうろ覚えの投資信託を探せるでしょうか?
かなり難しいです。
 
ですが、フィデリティ証券はかなりすっきりしています。
とはいえ、株式やIPOに申し込みしたい、という方はSBI証券に代表されるほかの証券会社もよいかと思います。
個人的には複数の証券会社に口座を持つというのベストだと思います。

 
どの証券会社も口座維持手数料はかかりませんから。
私は、楽天証券、株ドットコム証券に口座を開いていいます。
これから、他の証券会社にも口座を開いていこうと思っています。
まずはアクセスして、不明点があったらコールセンターに電話する。
で、対応がよかったところ、ウェブサイトが見やすかったところ、とだけ取引をする。
それでよいかと思います。
 
手数料だけ見て、どこに開くのがよいのか?考えるだけ、時間の無駄です。
まずはチャチャッと口座を開いちゃいましょう。
 
 

2015年の株式投信上昇率ランキング

日経の1月14日の夕刊、投信番付で、2015年の株式投信上昇率ランキングが掲載されました。
順位は以下のとおり。ちなみに年間上昇率、日経平均は同期間は9%の上昇率でした。
追加型株式投信の2015年上昇率ランキング

  ファンド名 年間上昇率 資金流入額(億円) 純資産残高(億円)

中小型成長株ファンド ネクストジャパン
(SBI)

34.18% ▲13.43 56.48

新成長株ファンド
(明治安田AM)

34.02% 4.82 94.85

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ
(SBI)

32.00% 45.60 102.39
4

DIAM新興市場日本株ファンド
(DIAM)

31.96% 3.94 53.19
5

MHAM日本成長株オープン
(みずほ)

29.93% ▲12.66 75.66
6

野村サービス関連株ファンド
(野村)

24.69% 73.80 100.59
7

日本中小型成長株アクティブ・ファンド
(BNYメロン)

23.34% ▲167.12 169.51
8

中小型株式オープン
(三井住友TAM)

23.01% 48.06 127.49
9

ひふみプラス
(レオス・キャピタルワークス)

21.88% 418.11 680.30
10

ひふみ投信
(レオス・キャピタルワークス)

21.75% 75.92 287.96

日経の記事によれば、好調なファンドの組み入れ銘柄に共通するものとして、
インターネット広告のセプテーニ・ホールディングス
工具ネット通販のMonotaro
それからフィンテック関連のGMOペイメント・ゲートウェイといった銘柄がみられるとのことです。
 
2016年もフィンテック関連はブームとなりそうですね。
まあ、当たり前といえば、当たり前でもあるのですが。
 
世界的に相場が急落していますが、
復活はどこからくるのでしょうか?
先行き不透明なときこそ、日本株のアクティブ運用かもしれません。
そうなると現在のような局面では、今後もレオス・キャピタルワークスは注目の的となりそうですね。
 
 

米国イノベーションファンド愛称「アメリカン・アイドル」

1月12日付け、日経新聞の10頁の広告です。
大和住銀投信投資顧問の投資信託の広告が掲載されていました。
米国イノベーション・ファンドだそうです。
愛称が「アメリカン・アイドル」
 
愛称制度、いい加減やめませんか?
たしかに投信のタイトルは似たものが多いです。
ついでに言えば、成績もポートフォリオの内容も。
 
だから。。。ということでスタートしたのだと思います。
ですが、アメリカン・アイドル。名称が下品すぎます。
 
これでシリーズ化して、国や地域の名前を冠したアイドル・シリーズを
粗製じゃなかった組成していくのでしょうね。
 
購入時手数料は3.24%

年間の運用管理費が2.214%
高い部類に属します。
 
随分な費用を投じての広告ですが
申し込みはりそな銀行と近畿大阪銀行のみです。
 
今、市場は調整中です。
どのくらいの資金があつまるのでしょう。
また、パフォーマンスも、これはこういう市況ですから、
タイミングがすべてとなるのは避けられません。
が、しっかり見て行きたいところですね。

ブラックロック・ゴールドファンド、底打ち?まだまだ下がる?

ここ数年の株式市場の好況からもっとも取り残され、いやむしろ、下がり続けたのが金価格。
その金を産出する鉱山会社に投資する投資信託は、そう多くはありません。
私の知る限りでは、国内で簡単にアクセスできるのは、ブラックロック・ゴールド・ファンドくらいのもの。
ただし、基準価額はこれでもか、というくらい、下がり続けています。
 
この投資信託は金への投資ではありません。
金を産出する鉱山株です。
一般的に金鉱山株は金価格にレバレッジが効いています。
また、上場市場もほとんどがカナダ市場ですから、まさに資産分散という意味では
投資信託のありがたみを実感させてくれる投資信託ともいえます。
 
ここにきて、米国の利上げと中国市場の混乱を受けて
下げ止まり感を見せています。
この先はどうなるのでしょう?
まったく余談を許しません。
もしかしたら金価格も、金鉱山株もまだまだ下がり続けるかもしれません。

しかし、基準価額のチャートをみるとだいぶ、底に近づいているんじゃないかなあという気もします。
1月11日時点で、4267円です。
構成銘柄をみると、
ランドゴールド
ニュークレストマイニング
アグニコイーグルマインズ
エルドラド・ゴールド
フレスニーニョ
ゴールドコープ
ディツアーゴールド
MAGシルバー
アングロゴールド・アシャンティ
オシアナゴールド
とあります。
えっ?聞いたことない?
私もです。

 
エルドラドゴールドは米国でも取引できます。
ヤフーファイナンスで株価をみると、
2012年1月は20ドル以上あった株価が
いまは、3.5ドルです。
 
逆バリ投資が好きな方にとってはおもしろいかもしれませんね。
FXやCFDとことなり、マイナスにはなりません。
このブラックロック・ゴールドファンドは4267円から投資できます。
(2015年1月11日)

特定口座と一般口座って何がちがうの?

証券会社で新規口座開設担当の友人にききました。
もっともよく受ける質問のランキング1位はなに?

 

複数の友人に聞いたのですが、ダントツで、こちら。
「特定口座とは?」「特定口座と一般口座の違いは?」
「特定口座にもうしかまないといけないのでしょうか?」
「特定口座を開かないと株の売買はできないの?」
「特定口座の開設に費用はかかりますか?」
「源泉徴収あり、なしってなんですか?」

 

ネットをみればいろいろのってます。ですが、証券会社のサイトにはあまりくわしくのっていません。
それもそのはず。多くの証券会社のサイトはすでに株式投資経験がある投資家、他の証券会社からの乗り換えを狙って
手数料引き下げなどのプロモーションで口座開設を推進しているため、そもそも初心者向けには作られていません。

 

特定口座とは?本質論はさておき、そのメリットを開設していきます。
@開設に費用はかかりません。
A税金を証券会社が計算してくれます。
B源泉徴収ありにすると納税も証券会社がしてくれます。
C源泉徴収なしにすると自分で確定申告をする必要があります。
(ここで確定申告をしないとどうなりますか?という質問がたくさんよせられるそうです。しないと税務署から指摘があった場合、脱税となりますよね。
意図的におさめていないのですから。絶対にばれるのか?それはわかりません。ルーレットのようなものです。初心者の方はまず、設けることから考えましょう。
日本の税率はたったの20.315%、低いです。)
D特定口座の開設はネットではできません。ネットで口座開設後、申請用紙を取り寄せて署名して送り返す必要があります。
Eもちろん、特定口座がなくても株の売買は可能です。
Fデフォルトは一般口座です。
G一般口座は株の取得単価と利益を自分で計算する必要があります。

 

投資信託のコスト

いいこと尽くめの投資信託、ですが、当然のことながら、コスト、つまり手数料がかかります。
この手数料は口座をもっている会社ごとに異なります。

 

ただし、投資信託は手数料とパフォーマンスの間に相関性はありません。
言い換えれば、手数料が高い投資信託は、プロ中のプロが運用するから高いリターンが出るということはありません。
逆に、手数料が低い投資信託だから、安かろう悪かろう、ということでリターンが少ないということでもありません。
重要なのは手数料ではありません。リターンです。
いくら投資して、いくら儲かったのか?
儲かれば手数料は高くても気にしてはいけません。

 

 

販売手数料
購入総額に対して0〜3%
銀行など販売会社へ支払う手数料で、同じ投信でも
販売会社などによって両立が異なります。
直販などでは手数料ゼロのこともある。
手数料ゼロの投資信託のことをノーロードファンドといいます。
長く保有することでコストは軽減されます。

 

信託報酬
信託財産の総額に対して年率0.6〜2.5%
運用に対する費用。年率で表現されるが、毎日信託財産の総額から差し引かれる。
毎日の基準価格は信託報酬が差し引かれた数字。
中長期的には大きな差となってくる。

 

信託財産留保額
売却時に売却総額の0〜0.5%
解約したい人がでると、運用者は株や債券を売って現金化しなければならない。
このために必要な信託財産留保額をここで解約手数料として支払う。
このコストはかからない投信も多い。

 

なぜ、3種類も手数料がかかるのでしょう。
そのためには投資信託の仕組みを少し考えてみましょう。
投資信託は、販売会社、運用会社、管理会社の3社が役割を分担することによって
成り立っています。

 

気をつけたいのはまったく同じ投資信託であっても会社によっては手数料がことなるということ。
ただし、繰り返しますが、重要なのは、株式同様、銘柄選択です。
どんなに格付け機関が高評価を与えていようとリターンが低ければ意味がありません。